2004年度 里山環境保全教育活動 指導者養成講座 実施概要

写真による活動の報告

1.趣旨・目的
・青少年を対象とした自然体験活動や里山環境保全教育活動のリーダーとして活躍できる指導者の育成
・今年実施予定の里山環境保全教育活動(小中学生を対象)などの運営を担うリーダー・指導者の育成

2.期日
2004年5月21日(金)18時〜23日(日)17時(2泊3日)

3.会場
福井県美山町上味見生涯学習施設
  福井県足羽郡美山町中手7-3

4.参加者
20名

5.主 催・体 制
主 催: NPO法人パートナーシップセンター、NPO法人自然体験共学センターほか
後 援: 美山町、美山町教育委員会

6.参加費
5,000円

*受講費に含まれるもの(食費、通信費、教材費、指導費など)
*自然体験リーダー認定・登録の希望者は、2,000円別途必要

7.資格
 国内最大の組織「NPO自然体験教育活動推進協議会」の『自然体験リーダー』として登録、活動の輪を全国的に広げることができます。(登録費2,000円別途必要)

8.指導内容及び指導者
グループワーク・実習を通じて、自然体験活動の基礎的な知識と手法を理解し、小人数グループの日帰り自然体験活動をサポートできる指導者の養成をめざします。進め方のスタイルとしては、一方的な講義形式ではなく、参加者が主体的に関わるプロセスからの「学び」や「成長」を促進する、ワークショップや実践型のスタイル(体験学習法)で進めます。

(1)講義&実技(講義11時間、実習・演習17時間)
  1.自然体験教育とは
  2.参加者との関わり
 3.自然体験教育の指導
 4.自然体験教育のフィールド及び施設と用具
 5.自然体験教育の安全管理
 6.地域社会と自然体験教育
 7.環境・自然と自然体験教育
 8.企画の手法
 9.その他

(2)講師
(主任講師)
辻 一憲【NPO法人パートナーシップセンター理事長、NPO法人自然体験共学センター理事長、NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター福井県事務所長、NPO法人自然体験活動推進協議会(CONE)認定トレーナー、国際救命救護法MFAインストラクター】


(講師)
城地雅也【自然体験活動リーダー、日本ネイチャーゲーム協会公認ネイチャーゲーム指導員】
高井 謙【NPO法人自然体験共学センター事務局長補佐、日本キャンプ協会公認キャンプインストラクター】
辻 きぬ【福井県環境審議会審議委員】
梅田秀彦【NPO法人自然体験共学センター理事、町立赤心(伊自良氏)資料館館長、林業家】
その他、自然・環境団体関係者、教育関係者、地元関係者等の指導・協力を得て運営します。


9.プログラム

 5月21日 オリエンテーション、アイスブレーク(アイスブレーク体験と講義)
        自然体験と基礎技術1(ネイチャーゲーム)
        環境保全教育活動の基本的な考え方・理念(講義、グループワークショップ)
 5月22日 安全管理(予防・保険と責任、安全管理・衛生、救護法)
         指導法(体験学習と子どもとの接し方について)
        自然理解と基礎技術2(足羽川でのカヌー活動)
        ネットワーキング交流会
 5月23日 里山の歴史・文化と自然の関わり(赤心資料館見学)
         プログラムの作り方(プログラムデザインに関する講義)
         まとめ(自然体験活動・里山環境保全の意識啓発・高陽に向けて)




トップへ