English  Chinese   Korea   Mongolia
平成22年度 地球環境基金助成事業

 事業名:アジア諸国協働による実践型環境保全教育のネットワーク作り
 活動名:指導者育成セミナー(中国内モンゴル自治区セミナー) 実施概要
 実施団体:NPO法人 パートナーシップセンター


1、 目的
・アジア諸国における多様な地域資源を有効活用したより実践的な環境保全教育の普及および啓発を推進するための指導者育成セミナーを実施、指導者育成に取り組む。

2、実施体制
実施主体: NPO法人 パートナーシップセンター
連携・協働者:連携・協働者:森環境教育事務所

3、期間
平成22年8月3〜13日(講義・実習は8/6,7,9,10)

4、場所
中国内モンゴル自治区 錫林郭勒盟 正藍旗
  (読み=シリンゴルアイマグ シリンフフホショ)
中国内モンゴル自治区 フフホト市 

5、参加者 中国人8人

6、指導者
指導者: 辻一憲(NPO法人自然体験活動推進協議会(CONE)認定トレーナー)      
     森美文(NPO法人自然体験活動推進協議会(CONE)認定トレーナー
           NPO法人川に学ぶ体験活動協議会(RAC)認定トレーナー
          大東文化大学非常勤講師、 日本獣医生命科学大学兼任講師
          鶴見大学非常勤講師など)
通訳:ガルディ(大東文化大学(院生)、内モンゴル留学生)

7、取り組みレベルと位置づけ
@取り組みレベル:重点的に進める
A位置づけ
・昨年から連携・協力してきた森環境教育事務所と協働して取り組んだ。
・協働の仕方として、カリキュラム面では一緒に取り組み、現地コーディネート・手配や現地参加者募集・主任講師・通訳は森環境教育事務所(森氏およびガルディ氏)が担当、トータルコーディネートは辻が担当するという役割分担で取り組んだ。
B指導者が取り組む活動としては、@)「自国内で環境教育に取り組む」レベル設定とした。

8、フィールドとカリキュラムの構成の考え方
@前半は、内モンゴル自治区東南の錫林郭勒盟 正藍旗において、講義も含めた実習中心のカリキュラムとし、遊牧民が居住する環境の自然や生活、文化に実際に触れ、遊牧民の民泊、ゲル泊なども行う。
A後半は、内モンゴル自治区の区都、フフホトで、講義中心のカリキュラムとする。また都市化した地域の状況に触れ遊牧民居住地域の状況との比較、内モンゴルの歴史と文化の考察も行う。
B講義・実習は以下をクリアするカリキュラム構成とする。
「理念」(1時間)、「自然の理解」(3時間)、「対象者理解」(2時間) 「自然と人、社会、文化のかかわり」(3時間)、安全対策について(4時間)、自然体験活動の指導法(4時間)、「自然体験活動の基礎技術」(3時間)、「プログラムづくりの基礎知識」(1時間) 計21時間
これにより、既に広がっている指導者養成制度(NPO法人自然体験活動推進協議会)とのリンケージを図る。

9、実施内容・日程
<実施内容・日程>
月日 時間 内容
2010年
8/3(火)
北京空港で合流、ホテルへ
北京首都機場賓館(Capital Airport)泊
8/4(水) 8:15
17:20

出発、車で移動
正藍旗の遊牧民の民家到着
民泊
8/5(木) 9:00
13:00

セミナー実施に向けた関係者打合せ・折衝、連絡・準備
フィールド周辺調査
民泊
8/6(金) 9:00



13:00
15:00






22:00
セミナー前半(実習編)開始(会場:民家)
講義と実習「羊の肉と乳を使った伝統的調理方法」・・・4時間
・羊の解体と肉料理
・乳の活用;ヨーグルト、バター、チーズ、酒
出発(湖のほとりの関係者宅―ゲルへ移動)
湖のほとりのゲル到着・・・6時間
・実習「アイスブレークゲーム」
・実習「テント張り」
・講義と実習「砂漠化の進行」
・講義と実習「野外調理」
・実習「キャンプファイヤー」
・講義と実習「星空観察」
実習「ゲル体験」、就寝
8/7(土) 7:00

9:40
10:10

13:10
14:50
起床
講義と実習「野外調理」・・・2時間
出発
乗馬実習場所へ到着・・・2時間
実習「乗馬実習」
出発
上都着  ホテル泊
8/8(日) 6:30
 8:00
18:20
19:00

起床
中国人参加者はいったん帰宅(その後フフホト市へ移動)
北京へ車で移動
北京首都機場賓館(Capital Airport)着
夕食 ふりかえり
就寝
8/9(月) 10:55
12:00
15:00







22:00

北京空港発(CA1111便)
フフホト着、フフホト関係者と打ち合わせ
セミナー後半(講義編)開始(会場:内モンゴル農科大学)・・・6時間
・講義「実践型環境保全教育の考え方」
・講義「プログラムの作り方」
・講義「環境教育と地球の歴史」
・講義「対象者理解」
・講義「指導法」
・講義「安全対策」
・まとめ・ふりかえり
終了
フフホト泊
8/10(火) 13:00
16:00

 
講義「内モンゴルの歴史と文化と自然」・・・3時間
まとめ・ふりかえり
フフホト泊
8/11(水) 13:00

講師・関係者による反省会・打合せ
フフホト泊
8/12(木) 8:00
15:00

フフホト市近郊の自然・フィールド調査
講師・関係者による今後についての打合せ
フフホト泊
8/13(金) 7:50
8:50

フフホト空港発(CA1102便)
北京空港着
北京発 関西空港ほかへ
   

-- HOME --

NPO Corporation Partnership Center

Copyright (C) 2002, NPO Partnership Center. All Rights Reserved