English   Chinese    Korea     Mongolia 
平成22年度 地球環境基金助成事業

 事業名:アジア諸国協働による実践型環境保全教育のネットワーク作り
 活動名:実践型環境保全教育のモデル事業 実施概要
 実施団体:NPO法人 パートナーシップセンター


1、 目的
・アジア諸国協働による実践型環境保全教育のモデル事業を日本で実施する。日中協働で取り組み、日本・中国の中学生が対象者として参加、体験する機会を作り、その成果・課題を整理、事例として各国関係者に共有する。

2、 実施体制
実施主体:NPO法人 パートナーシップセンター
連携・協働者:中国浙江省人民対外友好協会、緑色浙江(環境団体)、浙江省杭州市第十三中学校、NPO法人森林楽校・森んこほか

3、 期間:平成22年5月3日〜5日(中国参加者は5/2にプレプログラムを実施)

4、 場所
福井県若狭地域(福井県西南地域の1市3町周辺)、南川流域、若狭湾、国立若狭湾青少年自然の家

5、 参加者
日本の中学生10人、中国の中学生25人(浙江省杭州市第十三中学校)

6、 内容
・川の上流から中流、海への繋がり、水循環や人々の文化と生活の関連性を学ぶ。
・日本と中国で考え方や感じ方、捉え方で同じ部分と違う部分を理解する。
・地球環境や地域の環境を考えて自分が出来ることを考える。

<実施内容・日程>
月日 時間 内容
5/1 15:40
22:00
MU747便にて関西国際空港着、バスで移動
おおい町流星館着
5/2 7:00
10:00


14:00


起床、洗顔、清掃、朝食
南川上流域・老左近集落散策
・森作り、草・木・土で作ったかやぶきの家体験
・人々の暮らしに触れる(田んぼ、畑、生活、集落)
生活文化体験
・ホームステイ対面式、ホームステイ
・南川上流域・中流域・下流域の人々の生活を体験
5/3 11:00

14:00
17:00
19:00

国立若狭湾青少年自然の家着、日本の参加者合流
入所式、昼食
磯や海辺の生き物観察、船の仕組み学習
入浴、夕食
暗闇の自然体験、自然の循環学習
就寝
5/4 6:00
9:00

14:00
17:00
19:00

起床、清掃、朝のつどい、朝食
海水からの塩づくり、手作りの塩を使った調理
中国・韓国のゴミ漂着観察
浜の砂・貝などを使って万華鏡作り
入浴、夕食、後片付け
自然の循環についてふりかえり・共有
就寝
5/5 5:30
7:00
8:00
9:00
起床、清掃
朝のつどい、朝食
ふりかえり・共有
退所・移動(バスで京都へ)





NPO Corporation Partnership Center

Copyright (C) 2002, NPO Partnership Center. All Rights Reserved