English   Chinese    Korea     Mongolia 
平成22年度 地球環境基金助成事業

 事業名:アジア諸国協働による実践型環境保全教育のネットワーク作り
 活動名:指導者育成セミナー(モンゴルセミナー) 実施概要
 実施団体:NPO法人 パートナーシップセンター


1、 目的
・アジア諸国における多様な地域資源を有効活用したより実践的な環境保全教育の普及および啓発を推進するための指導者育成セミナーを実施、指導者育成に取り組む。

2、実施体制
実施主体:NPO法人 パートナーシップセンター
連携・協働者:ウランバートルJC、NPO フォレスター、バットツアー、社会福祉法人幸福創造、Caf? tree,

3、期間
平成22年6月27日、28日、29日、7月2日

4、場所
ウランバートル市、MIROKU会館

5、参加者
モンゴル人6人、韓国人4人

6、指導者
指導者: 辻一憲(NPO法人自然体験活動推進協議会(CONE)認定トレーナー)
      村上忠明(NPO法人自然体験活動推進協議会(CONE)認定トレーナー)
      辻英之(NPO法人自然体験活動推進協議会(CONE)認定トレーナー、RAC認定トレーナー)

7、取り組みレベルと位置づけ
@取り組みレベル:重点的に進める
A位置づけ
・初回は現地側で取り仕切るのは難しいということから、パートナーシップセンターが実施主体となり、JC、NPOフォレスターなどが連携・協働することとなった。
・韓国のパートナーにも連携を呼びかけた。
・今回の実施により、モンゴル関係者、および韓国関係者が現地側主体でセミナー実施に向け具体的な運営の方法を習得する機会とすることとした。
B指導者が取り組む活動としては、@)「自国内で環境教育に取り組む」レベル設定とした。
尚、以下の二つの視点については、他国(ロシア)との繋がりをもたせ連携していく視点を盛り込んだプログラムをオプションとして実施した。(6月30日、7月1日)
 A)「他国・地域の環境や自然の状況を知り関連性や繋がりをもたせる」
 B)「自国と他国・地域の連携・協働型の環境教育に取り組む」

<実施内容・日程>
月日 時間 内容
6/27 11:00


16:00
実習「モンゴルの自然と文化と人の関わり体験」
・遊牧民が居住する地域の自然と生活に触れる
・寺院見学・レク
ゲル見学、体験
6/28 11:00
13:00
ゲル出発
市場見学
6/29 8:00
9:00
10:00
13:00

講義「環境保全教育活動の理念」
講義「自然の理解と基礎技術」
講義「環境保全教育活動の指導法」
実習「モンゴルの川」
トーラ川見学、川の流れ・地理・周囲の自然を観察
7/2 13:00

15:00
17:00

19:00
実習「モンゴルの川」
オルホン川見学、川の流れ・地理・周囲の自然を観察
講義「安全対策」
講義・実習「環境保全教育活動のプログラムと今後の展開に関するディスカッション
終了





NPO Corporation Partnership Center

Copyright (C) 2002, NPO Partnership Center. All Rights Reserved